高密度コイルを、より多く!より安く!造るために・・・

 

中国でも、タイでも人件費は年々上がって行きます。これまでの「海外生産」=「低コスト」の図式は必ずしも当てはまらない時代になってまいりました。

 我々セルコは、一早く、そのような時代の到来を予測し、自動機による生産を考え、実際に、これまで無なかった「完全自動空芯コイル用巻線機」を自社内で造り上げ、稼働させております。

 これから、タイでも中国でも日本でも、”量“があるものは自動化対応にて、お客様のQ.C.D.対応をして行こうと思っております。

 今後は、当社の「高密度コイル」の大量生産も考えられ、こちらの自動巻線機もすでに考えております。

 “自社のノウハウを入れ、極力ローコストで自動化をする”…これが当社のこれからのメインの事業です。