封止コイルの進化した形(高性能・封止コイル)

 

【特徴】

●ボビンコイルから空芯コイルにすることによる占積率のアップ(10〜20%)
●ボビンからケースにすることによる樹脂の薄肉厚が可能(5〜10%)
●樹脂によるコイルの完全封止が可能
●ケースに樹脂のフタをすることによるダブル封止
●ジョイントレスを併用すると、不良の出る要因を撲滅
●さらに、高密度化技術を用いれば、コイルの高密度化による、省スペース、線径 を太くでき低損失が実現(5〜10%)
●既に当方式を採用されたお客様から50%以上起磁力がアップしたという話が出ております。