会社概要  >  採用

採用

夢を実現する会社

代表取締役 小林延行

当社の社名は「セルコ=SELCO」といいますが、これはSELF CONTROLLのSELとCOを採ったネーミングです。
46年前の未だカタカナの会社が少ない頃にこのようなモダン(?)なネーミングをした会社であり、当社の経営理念も英語では“Harmony and Prosperity in Self Controlled people”=「自らをコントロールし調和と繁栄をもたらす」です。
“セルフコントロール”を重んずる会社のため、やる気があり、自ら進んで仕事をしようという気持ちが薄い人は、当社ではまず働けませんので早々にご退場願います。

基本的に当社は、「小さな高収益会社」を目指しておりますので、当然”少数精鋭“で事に当たる必要があります。
一人一人の社員が自分の持てる力を如何なく発揮し、仕事に誇りと生き甲斐を感じ、その仕事を通じて成長をし続けるような会社が、私の夢です。
もう一つの夢は小さな高収益会社を実現し、社員が「こんなにもらっていいの!?」っと思える位の高報酬の会社を実現することです。
・・・といいますと、これをお読みの皆さんは「言うだけならタダだ!」「本当か?」と思われるかと思います。
そこで、以下にじっくりとその仕組みを説明し、皆さんにも納得してもらおうと思います。

「小さな高収益会社」を実現するためには少人数で最大の成果を上げなければなりません。その根本の考え方は「ファブレス」です。
営業と開発(当社は試作)中心の会社です。
モノ造りはタイと大連(中国)と国内協力工場です。
現在、タイで約100名、大連で17名、協力工場で20名位の作業者が当社の仕事をしており、国内の会社自体は一部多品種少量品、量産作業も含め約50名(社員は半分位)の体制で年間10億円以上の仕事をこなしております。
更に考えているのは、国内での大量生産を完全自動化で行うというアイデアです。
完全自動化となれば自動機の管理者数人で、かなりの生産が可能であり、正に「小さな高収益会社」のモデル工場になるかと思います。
従って、当社は当面はファブレス化を目指し、将来は完全自動化を目指すことになるかと思います。

次にこの会社は、どうしてそんなに注文が望めるか?の疑問にお答えします。
当社は「高密度コイル」と言って、普通のコイルとは異なり、きちっと巻いたコイルをお客様に提供します。
当社が気がつくまでは、このキチットと巻くコイルという考え方が業界ではありませんでした。
「コイルはいかに早く巻き、安く造るか?」という常識の中で、早く巻ながら、できるだけ整列度を残すことができる会社が、いわゆる「腕のいい会社」なのでした。
そこへ、当社は10数年前から巻線の巻く速さとかコストをまるっきり無視した「高密度コイル」という全く新しい概念を業界に吹き込み始めたのでした。
そして今現在、例えば車に使う高効率モーターとか、高い精度を必要とするセンサーなどにこの高密度コイルが大変有効だということが、世の中の技術者に浸透し始めてきているのです。
ですから当然、まだ他社ではやっていない高密度コイルを当社に求めてくるメーカーが増えてくるのです。

以上が、当社が何故「小さな高収益会社」を実現できるか?の答えです。
当社では冒頭お話しましたように、「自ら進んで何かをやりたい」と思っている若者を中心にこれから新たに募集をして行きます。
また中途採用者につきましては、特にモーターとかセンサーの技術者は年齢に拘らず募集致しております。
該当する方は、いつでも結構です。
応募願います。

<募集職種>


・生産管理業務なら任せておけと云う自信のある人

・磁気学、電気の基礎が分かっている人

・機械加工技術に長けている人

・今は技術がなくても、頑張って技術を習得しようという心意気の旺盛な人


会社概要、履歴、製品等はH.P.をご覧下さい
年齢・性別問いません
稼働日は今年が245日です(大体土日休日は休みです)
就業時間は8時20分から5時15分です
各種保険が付きます

報酬は各年齢に合わせ、社内の給与システムにあわせますが、勿論、特殊技能をお持ちの片には、評価の上別途手当てをお付け致します(お金より夢が大事と思うような人が当社には合っています)

お問い合わせは info@selco-coil.com
担当 管理部 小林