環境方針



会長 小林延行記

 今地球環境は加速度的に悪化の一途をたどっている。
 私が生まれた70年前、20億足らずだった世界の人口は今や77憶人に達し、近い将来100憶人は射程圏内となり、まさに「人口爆発」が起きている。
 そして人間は、まず飢餓からの脱出を図り、さらに便利快適な暮らしを追求するために森林を破壊し、道路を造り、橋を架け、コンクリートを打ち、ビルを建てた。
 食料を確保するために、森林を畑に変え、牛や豚や鳥を大量に飼育、そのための餌の確保、海では魚の乱獲が世界各地で起きている。
 種の絶滅のスピードはますます加速され、現在では1日に約100種、1年間になんと約4万種がこの地球上から姿を消している。
 また温暖化、寒冷化、異常降雨、異常乾燥=砂漠化、それによる山火事、巨大な台風、ハリケーン、竜巻の発生等の異常現象が起きている。
 またこの地球温暖化の影響で、広範にわたる永久凍土の溶解が起きており、永久凍土は数十億トンに上る温室効果ガスを内包しているため、溶解によりそれらが大気中に放出され、負の循環で温暖化は留まるところを知らない。
 また、長年氷に閉じ込められてきた病原菌なども解き放たれる恐れがあり、現在の新型コロナウイルスも、この世界の未知の領域を開拓したことにより出現したウイルスかもしれない。
 このようなことを考えると、今回のコロナの騒ぎは、「自然の人類に対する警告」とみた方がよさそうだ。
 他の動物や植物を押しのけ、人間だけがドンドンその数を増やし、みんなが贅沢な暮らしを求めようとしている状態で、今の自然破壊とか温暖化は絶対に止まらないと私は思うのだ。

 私はこのことを20数年前に学び、環境問題の公演を開催したり、勉強会をしたりしていたが、かく云う私も会社が倒産の危機に陥り、結局は会社存続、事業発展のための経済人となり今に至ってしまっており、これからの大変な異常気象とか異変を味わうであろう孫達には本当に済まないと思っている。

  ただこの会社を経営しながら、少しでも地球環境に良い方向ということを云うのであれば、当社の「高密度コイル」の話をしたい。

地球環境に貢献する技術
 これからのEV時代に必要な代表的な技術は、蓄電技術とモーター技術だ。
 特にこのモーターの効率化により、エネルギーが3割、4割、もしかしたら5割抑えられるとしたら、取るに足らない”コイルの技術”が、世界の省エネルギーに大きく貢献し、持続可能な世の中の実現に大きな貢献を果たすと考える。
 詳しくは、当社の高密度コイルとか高密度圧縮・成型コイルの頁を見て戴きたいが、当社のコイルはきちっと巻くことに特化しており、このきちっと巻いたコイルを更に圧縮したり、曲げたり、成型したりして、モーターのコアに隙間なくコイルを装着することにより、最大2倍、すくなくとも3割、4割増しのモーター出力が得られることになる。
 このようなモーターを搭載した車が増えてくれば、世の中は加速度的にCO2を排出しゅるガソリン、ディーゼル車は姿を消し、このようなエコカーが主流となる。
 そしてそのモーターが高効率であればあるほど、エネルギーの消費が少なく、地球環境には間違いなく良い影響を生む。
 車も個人使用はなくなり、いつでもどこでもスマホでタクシーを呼べるようになり、通常は歩く、自電車に乗る、キックボードを使う等、必要最低限のエネルギーで生活できるようになるであろう。
 セルコの技術が、持続可能な世界に少しでもお役に立てることを願う。

株式会社セルコ

〒384-0808 長野県小諸市大字御影新田2130-1


TEL (0267)23-3322 FAX (0267)23-2233

コイルのことでお困りでしたら(株)セルコにお問い合わせください!

お問い合わせ